区政の動き


20年度の決算特別委員会が終了し、認定されたその後も墨田区議会はいろいろな動きがありました。

ご報告が遅れまして大変申し訳ありません。

11月4日は、臨時本会議が開かれ緊急のインフルエンザワクチン予防接種について補正予算の審議、議決をし、区民の皆様への接種費の助成が決定いたしました。

(区のお知らせ、HPにも掲載されております。お確かめください!)

11月6日の新タワー特別委員会では、区内循環バスの3路線がオープンにされ、北西部、北東部、南部という循環ルートについて報告を受け今後区民の皆さんにお知らせして、広く意見をいただくという運びとなりました。

11月15日、日曜日の新聞折り込みに入る予定ですのでご確認ください。

区民のニーズ、期待の高かった区内循環バスの構想がいよいよ現実へスタートした訳ですが、今回はルートが決まっただけであり、今後もタワー開業に向けて色々な課題(予算、料金、停留所、バスの形、名称、本数等々)を解決しながら、開業へと進んでいくようになります。

改めて、その都度ご報告させて頂きたいと思います。

11月10日から12日は、会派による視察で北海道におりました。

1日目は小樽。昨年、観光都市宣言を提唱し年間700万人以上の観光客を迎えているという事で市民も含め努力をしているとのことでした。滞在時間が短い、宿泊客は10%に満たない、最近は旭山動物園に観光客が流れている等、課題もあるようです。

    DSC01925.JPG

2日目は2時間かけて苫小牧。マー君で有名にはなりましたが、王子製紙を中心とする人口17万人の市。

市民の集いの場であるコミュニティーセンターを視察しました。

3日目は札幌。(私は初めてでした・・・)

市民、札幌の街の象徴であるテレビ塔。CO2の削減、環境対策について講義を受けました。

電光時計のLED化や深夜消灯、グリーンエネルギーの利用、クールビズ、ライトダウンキャンペーン等々に取り組んでおられ、LED化だけでも年間約30トンのCO2削減、電力量の約56%削減につなげたという事でした。

     DSC01933.JPG 

東京スカイツリーの環境への取り組みにも大変参考になりました。

とても寒い3日間で朝、小樽駅に向かう路上の気温計は2℃を指していました。

今日は、すみだものづくりフェアに昨年に続き出席。

区にとって、参加団体や高校生のご協力、多くの区民、特に子供達が笑顔で楽しんで参加というこのイベントはとても素晴らしい、意義ある行事であると感心しました。

せっかくの機会であったので、中小企業センター内地下の機械設備やあづま図書館の内部、事務室まで全て視察して、次の厚生会館のお祭りへと向かいました。

 


«  | ブログトップ |  »