いよいよ任期中、最後の区議会・・・


一月もあと4日で終わり。なんと1ヶ月が早いことか?

しかも乾燥していて、とても風が冷たい毎日であり、インフルエンザ流行、国会の開会、民主党政権の内輪もめ、いろんなニュースが飛び交っています。

私自身のスケジュールとしては、明日、明後日の今月最後の土日に新年会が3つずつあり、いろいろな立場の皆様とお会いし、生の区民の声をうかがって来たいと思っています。

そして来週、二月に入って2日の日に墨田区議会第1回定例会が開催されることになります。

会期は2月2日、山崎区長の施政方針演説から3月14日までの41日間。

その会期中に、区長の方針に対する各会派からの本会議質問。

墨田区民にとって大変重要な『平成23年度各会計予算』の審議、予算特別委員会。

そして区民文教、福祉保健、産業都市、企画総務の各常任委員会が開かれることになります。

この大事な区議会、予算委員会を一言で言うと…

(私の1期目でありました)・・・この4年間の区政の総まとめであると同時に、今後の(区長、区議の任期でいえば)4年間の『すみだ』の出発点であると思います。

もちろん行政の継続性の原理は存在するものの、山崎区政12年間をいったん振り返って検証する事も大いに必要でありますし・・・

墨田区は一時の停滞も許されないという理由から行政側が編成した『本格予算』の中身を充分に審議し、区民生活の安定や向上を目指していけるのか、それらの事業や施策によって区民の皆様が、本当の意味で満足して頂かなければならないと思います。

20110128160526.jpg 分厚い予算書とノートです

さっそく上の写真のように、予算書に費目ごとに付箋を張り付け、一通り目を通してみました。

また毎回作成するのですが、質疑ノートを作って9日間の質疑に大いに活用しようと思っています。

 

来年の4月には開業となる東京スカイツリーへの期待度は、日々増してきています。

区の内外、外国からも世界一位の高さを誇るタワ―が存在するこの墨田区は、当然ながら超注目の街となりこの平成23年度から国際観光都市として新たにスタートを切る訳であります。

最近、強く思うのは・・・

区は、時間と大きな予算を費やし、様々な準備を現在進行形で行っておりますが・・・

本当に今行われている準備だけでいいのか?という事です。

想定内の対応だけでなく、想定外の事象やあらゆるリスクに対して一度整理をしておく必要があるのではないでしょうか?

区はいっぺんには出来ない!ではなく、やる気と先を読む力、スピード感が大いに必要です。

例えば・・・ほんの一部ですが、

駐車場対策や交通渋滞。(踏み切りをはじめ、高速道路からの観光バスなど・・・)

施設内外の観光客等、人の収拾がつかない混雑。(区民の生活道路が通行不可?)

色々な区内への街あるき観光につながるルート作成や街おこし策の策定。(新聞で、台東区が上野―浅草―スカイツリーのバス路線運行という報道を目にして・・・)

23年度の予算審査の前のこの時期に、私の予言どおりに?ならないように、再考の必要性を重く考える今日この頃であります。

 20110128151935.jpg こんな写真を発見しました。!


«  | ブログトップ |  »