予算委員会質疑初日


昨日は予算委員会、質疑の実質初日。

歳入・・・(区の収入額合計)と総務費について、款別の質疑でありました。

昨年10月の決算特別委員会も委員の一人でしたが、やはり多くの理事者側と向かい合わせで質問するのは緊張しますし、この大事な23年度予算を審査するわけですから相当勉強して臨まなくては思っています。。

 山本先生7.jpg

昨日の私は計4問を質問しました。

たばこ税の収入見込みについて・・・22年度から6000万円減の19.2憶円の収入見込み

昨年は買いだめのニュースもあったり、値上げ(税率アップ)の影響はないのか?

総本数は昨年5億1000本から今年は4億1000本の予想だそうです。

次に少し意地悪な質問で・・・

総額1100億円という大きな一般会計予算。昨年の決算でも1041億円の予算に対して40億円強が剰余金として残っていました。ここ数年の黒字といわれる傾向ですが・・・

また今年度も大幅に残ってしまうのではありませんか?(もっとしっかりとした予算見積もりを・・・!)

続いて隅田公園屋内プール体育館の解体経費6800万。

費用見積もりはどこまでを想定しているのか?更地にしたあとどのような使途に興じるのか?

最後に東京スカイツリー街区内の、区として新たな防災の拠点整備について。

帰宅困難者1万人の想定で備蓄倉庫の整備や、防災無線室、タワーの260メートル部分に2台の高所カメラを設置するという2億7000万円の予算。

区で準備する仕事か?事業者が対応すべきものか?その辺の線引きはどのように考えるのか?

高所カメラは結構だが、メンテナンス等が逆に高くつくのではないか?

これは東武鉄道という事業者の地域貢献策の一つとして考えてよろしいのか?

以上の4問をそれぞれの担当と議論させて頂きました。。。


«  | ブログトップ |  »