山本とおる 墨田区議会議員 墨田区の未来を皆さんと共に創っていきましょう。MAKE・NEW・すみだ!自由民主党

山本とおる 墨田区区議会議員山本とおる Webサイト HOMEへ戻る
HOME >議会活動 > とおる通信2008年-新年号

議会報告:とおる通信2008年-新年号 平成20年1月31日

平成18年度決算特別委員会(19年10月22日~11月1日)


一般会計歳入歳出決算は実質収支額約41億円の黒字となり、国民健康保険、老人保健医療、介護保険の各特別会計決算とも3年連続の黒字決算となりました。 良い傾向にあると言えますが、各基金の積立金現在高(分かり易くいうと・・区の貯金)や特別区債 現在高、経常収支比率、公債費比率などの財政指標の面において、まだまだ多くの課題や改善 して行く必要性があります。

平成19年度第4回定例会 (19年11月21日~12月7日)


11月26日 第4回定例本会議にて、山崎区長、久保教育長に質問いたしました。 初めての本会議質問で、正直な話、緊張しました。 内容は、私が墨田区政において、最もタイム リーで、重要と考えている大項目3点・・・

  1. 区長のリーダーシップ
  2. 新タワー関連
  3. すみだの教育
に絞り、原稿を書き上げました。(聞きたい事はもっと沢山ありましたが・・・) 調べたり勉強しながらの原稿作成、言いたい事を文章で表現する難しさ、区長・教育長からより具体的で即効性のある、分りやすい答弁を頂くには・・等々、3日間ほぼ徹夜で取り組みました。 本会議場での質問は議員として最も重要な仕事の一つであり、大変いい経験をさせて頂きました。 次回は内容や発声など、もっとレベルアップした形で、頑張ります!

平成20年度予算要望


区議会自由民主党の執行部の一員として、山崎区長に20年度予算要望を致しました。 大きく変化を遂げて行く墨田区にとりまして、大変重要な平成20年であり、“すみだの街づくり”や 皆さんの生活に密接に関わりのある本年4月からの予算です。 重点項目を含め、各施策にわたり、きめ細かな配慮のある予算案を期待するものです。

会 派 視 察  (19年12月19日~12月21日)


議会のあり方検討会 (全10回)


区民に“より開かれた区議会”とすると共に、議会活動の一層の活性化を図る検討会のメンバーとして、私の目線(=区民・皆さんの目線)で10回にわたり、多くの意見を述べてまいりました。

  1. 予算・決算特別委員会の開催方法について … 従来の日程や時間等の改善
  2. 費用弁償の見直しについて … 減額または将来的に廃止の方向性
  3. インターネット放送等、議会中継の検討について … 是非、早急に実現を!
  4. 本会議における一問一答方式の導入 … 区民に分かりやすい質問と答弁にするために
本格的な地方分権時代に突入した今こそ、住民参加型の開かれた議会、政策提言を積極的に行うことのできる議会にして行かなければと考えます。また墨田区議会においても、改善すべき様々な課題が山積しており、今後も『さらなる議会改革』に取り組み、区民の皆さんが関心を持ち注目される墨田区議会となるよう努力して行きたいと思います。

『山本とおる区政報告会』(平成19年12月5日:リバーサイドホール)


初めての区政報告会を開催いたしました。当日は、大変寒い中、475人の皆様に出席頂きお陰様で無事に、盛会のうちにとり行うことができました。
有難うございました!! しかし・・・(>・<) 
私が、料理を前につい長くお話したことやその内容、受付や席のご案内等々・・ 反省点の多い会合となり!?ました。やはり、会を催すには、私自身が参加していただく皆さんを第一に考え、「おもてなし」の気持ちを 持って臨まなければと猛省しております。

次回は、気を引き締めて準備を致しますので、よろしくお願いいたします!また、今回はご都合のつかなかった皆様、ご出席をお待ちしております。

平成19年11月26日 本会議質問
会派視察
平成19年12月5日 区政報告会
平成20年度予算要望

 
PDFダウンロード
 最新のAdobe Readerをお使いください。
PDFをダウンロード